下着・ランジェリー グラマラスボディとは?  下着・ランジェリー ショップインフォメーション  下着・ランジェリー 運営会社  下着・ランジェリー お問い合わせ

  ボディケア スクラブ 新規会員登録   
 
下着・ランジェリー グラマラスボディとは? 下着・ランジェリー 下着美人委員会
                 


左右のバストの大きさが違うのですが、どちらに合わせてブラジャーを選べばいいですか?
左右のバストの大きさが違うことは、決して珍しいことではありません。そもそもバストは左右対称というわけではありませんし、心臓がある左バストのほうが右バストよりも大きいといわれています。
とはいえ、下着を選ぶ上ではどうしたらいいのか迷ってしまいますよね。そこで、左右のバストの大きさが違う場合は、大きいほうのバストに合わせてブラジャーを選んでください。
そして、小さいほうのバストにはブラジャーがフィットするためにパッドを入れてバランスを取りましょう。そうすれば、均等のとれたバストとなります。
年を重ねるたびに下がってきているバストとヒップ。美しく下着を着けるにはどんなことが必要ですか?下着でアンチエイジングはできますか?
品格のある下着を着ける為には、その下着を着けるのにふさわしいボディラインと美肌を保っておくべきです。でも、ハリがある若々しいバストとヒップを保つためには、毎日のケアが大切。“美は一日にしてならず”ですから。
バストに関しては、お風呂上りにバストを保湿してくれるマッサージクリームやオイルなどで、円を描くように下から上にマッサージすることで、バストにハリと艶を出してくれます。バストだけでなく、デコルテラインも下から上にマッサージをしましょう。デコルテラインは、意外と男性から見られていますので、ここのケアをしっかりとしている人は、男性からの注目度が高いのです。
また、ヒップに関しても、セルライト(脂肪)がないつるつるとしたヒップを保つために、新陳代謝をあげてくれるマッサージ効果が高いマッサージソルトなどで、円を描くように上に向かってマッサージをしてあげるときれいな桃尻を保てます。
若かった頃と比べると体重も変わってないし、そもそも太っていません。下着を買うたびにサイズを測らなければいけませんか?
よく若い時の栄光にしがみつき、体重が変わらないからといって、サイズも変わっていない、と思い込む人が少なくありません。体重が変わらなかったとしても、年齢とともに体型は変わってきます。
特に女性は、妊娠・出産を経験すると体のサイズが変わりやすくなりますし、35歳を境に体型が変わってきます。ウエストが変化し、その次に下腹部が出て、バストやヒップが下がってきます。
下着は毎日着用するものですし、心地よく着けていたいですよね。そのためにも下着を買うときは、必ず毎回サイズを測りましょう。
ガードルやショーツを選ぶとき、私のウエストはMサイズでもゆるいのに、ヒップがきつい!MとL、いったいどっちのサイズを選べばいいの?
日本人女性には、このような体型の人がとても多いです。ガードルやショーツをはいていてキツイと感じたり、ショーツにお肉が食い込んだりするのは体に決していいことではありません。
もし、ウエストサイズがゆるくてヒップサイズがきついという場合には、大きいほうのサイズに合わせること。この場合、ヒップの大きさに合わせて、ワンサイズアップしたLサイズを選ぶようにしましょう。
そうしないとショーツやガードルからお肉がはみ出てしまい、2段尻やピーマン尻になる原因となってしまいます。せっかくウエストが細いのですから、ヒップが格好よく決まっていないともったいないですね。
特に男性は、後ろ姿がイケている女性にそそられてしまうこともあるくらい。バックスタイルはきれいに見せることが大切ですよ。

 

   
 
 
E-mailアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

ボディケア&ランジェリー通販 メディア情報

   |  |  |